Tuesday, August 2, 2016

シン・ゴジラ「Who will know (24_bigslow)/悲劇」 歌詞の和訳


If I die in this world who will know something of me
I am lost, no-one knows, there's no trace of my yearning
(But I must carry on, nothing worse can befall
I am lost, no-one knows, there's no trace of my yearning
(All my fears, all my tears, tell my heart there's a hole)
I wear a void
(As long as breath comes from my mouth)
Not even hope
(I may yet stand the slightest chance)
A downward slope
(A shaft of light is all I need)
Is all I see
(To cease the darkness killing me)


私がこの世界で死んだら、誰が私のことを知るだろう
私は迷子 誰も私を知らない 私の願いを示す物はなにもない
(だが進まなければならない 今より悪いことは起こりえない)
私は迷子 誰も私を知らない 私の願いを示す物はなにもない
(私の恐怖が 私の涙が 心に穴が開いていると伝えている)
私が纏うのは虚無
(吐息が続く限り)
希望すらない
(一縷の望みはまだある)
目の前に広がるのは
(私を殺す闇を止めるのには)
下り坂のみ
(一条の光さえあればいい)

----------------------------------------------------------------------


最近ツイッターでゴジラ関連を覗くと「石原さとみの英語は酷くない、むしろ酷いと言ってるカスは英語が出来ない、TOEIC730万の僕が言うんだ から間違いない(キリ」とか書かれているトンチキな記事がよく流れてくる。もはや我慢の限界なのでここでひとこと言わせいただきたい。

石原の英語は酷い。 

「石原の英語を非難してるのは英語のできない日本人だけ」?ねーよ。予告編の「ガッズィーラ」の時点で英語圏のネットはこの映画のEngrishに爆笑していたし、英語圏のレビューもよくその酷い英語に触れている。

こんな、「どう見ても酷い」英語を庇護しようとしている馬鹿は何がしたいのか分からないが、次々と流れてくる「アクセントは完璧に近い」「普通に綺麗な発音」「凄く上手かった」みたいな、気持ち悪い集団自慰にしか見えないア ホくさいコメントにはうんざりしている。「伝わればいい」?半分は日本語字幕を見なきゃ意味が分からないほど酷かったが?大体こんな酷い英語のキャ ラがアメリカ人で大統領の座を狙ってるとか言われると一気に興が醒める。しかもこの映画、リアリズム路線だから尚更だ。

前から思っていたが、たまにワイドショーに出てる「英語が上手い」とか言われている芸能人って大体発音が変なだけで全然上手くない。発音が変(つまりカタカ ナ英語に聞こえない)という理由で周りの英語の分からない人間が上手いと勘違いしているだけ。ネイティブが聞くともはや意味不明な呻き声にしか聞こえな いため、むしろある程度の法則性のあるカタカナ英語のほうが伝わりやすい。

一応言っておくが私が非難しているのは石原さとみではない。非難しているのはそのキャスティングをした製作陣と、「石原の英語は酷くない」というふざけた妄言を繰り返している目障りな狂信者だ。 私は「実際に」英語の上手い日本人を何人も知っている。こんなのを上手いとぬかすのは実際に努力して上手くなった彼らに失礼極まりない。いい加減にしろ。




追伸:なんだか変なのが絡んできた



http://remeremea2.blog.fc2.com/blog-entry-54.html

あー、うん。なんともコメントしづらいものを。無関係な人をあまり悪く言いたくはないので言いたいことの大半を控えておくけど、少なくとも
(All my fears, all my tears, tell my heart there's a hole)
 I wear a void 
を「 …恐怖…涙…何が私に降り懸かろうとも 私は伝えねばなるまい。私の心を…虚無を!」と訳すのは流石にどうかと……

てか仮に私の日本語が酷かったとしても、石原の英語の酷さとそれを流暢と言い切る人の馬鹿さは変わらないと思うけど? 

11 comments:

  1. 私はあなたの和訳とっても好きです。

    ReplyDelete
  2. あなたの方がすごいからあまり小物にかみつかない方がいいよ

    ReplyDelete
  3. 原曲のテンポも意識した、素晴らしい対訳だと思います。skyhigh氏のは、私には翻訳ではなく、解釈だと感じます。

    ReplyDelete
  4. ウェブで和訳を探したらどう見てもおかしい訳ばかりだったんですけどこちらだけが参考になりました。そのskyhighとかいう輩のような頭のおかしい方がいるのは遺憾であり嘆かわしいかぎりです。彼は日本の恥なので国を代表していると思わないでもらえるとありがたいです。

    ReplyDelete
  5. 日本語と英語は色々と違うから完璧に訳せるわけない希ガス…だから人によって訳が違ったりするかと…

    ReplyDelete
  6. じゃあ今後はappleを「ふんどし」とでも訳せ

    ReplyDelete
    Replies
    1. いや…それは流石に……言いたいのは英語を日本語に訳すと意味は通じても完璧には訳すのは難しいってこと

      Delete
    2. そのskyhighってキチが貼ったリンク先の訳が「appleをふんどしと訳す」のと同等にデタラメだって話でしょ。そのデタラメな訳を「完璧に訳せるわけない」「完璧には訳すのは難しい」からって肯定するのか?

      Delete
  7. 歌詞をググっていたら辿りつきました.

    仰るとおり,
    All my fears, all my tears, tell my heart there's a hole
    のくだりは,skyhighさまの完全な誤解でしょうね.
    あんなふうに「綺麗に」「情緒的に」は訳せない.
    解釈にすらなっていない.
    そもそも文法的にどうなのよと.
    また,appleはせいぜい葉っぱにしてよ,ふんどしでは文化的に飛びすぎw

    ただ,映画館でもこの歌詞で躓いて,ネット上の歌詞を読んでも繋がりがわからなかった.
    All my fears, all my tearsがvoativeで
    tellがimperativeならば
    語れ我が涙,我が恐れよ
    我が心にとくと聞かせよ
    holeがあることを

    躓きの石? 亀裂? 深淵?
    わかりません

    とにかく,
    石原の英語は酷い
    なんで吹き替えにしなかったんだ
    そう思いますw

    ReplyDelete
    Replies
    1. すみません
      vocative 呼格
      でしたね

      最近中指に力が入らん
      歳かな

      Delete
  8. その絡んできた奴の垢を見たら完全にキチガイブサヨでワロタwwwwwww

    ああいうのは相手をするだけ無駄だよ、黙ってブロックするのがが一番

    ReplyDelete