Saturday, September 8, 2018

Dictionary of Baronh, language of the Frybarec Gloer Gor Bari

Dictionary of Baronh, language of the Frybarec Gloer Gor Bari

A

a
        Is/am/are etc.
"F'a usere." = "I will migrate."
"Dar saurh a?" = "Do you have family."
"F'a bale." = "I am Abh"
"Spaurhlacé a ciloemh ane pïana." = "Spaurhlacé has red eyes."

abair
    Not really, not that much。
Abh
    Abh. Etymology: "Heavens", "sea people".
Ablïarsec
    Name. Clan of the captain-kings from the wandering age. Name of mythological sun goddess.

*acharh
    Person who charges. Person who is light of foot. Symh acharr: Shock troopers.
*ach(ec)
    Leg, foot.
Achmatuch
    Mythological god who was trouble by the eight-headed dragon.
aci
    Over there.
-ad-
    Suffix indicating a negative. "F'anade sacle." = "I am not a servant."
*agac
    Signal.
agh
    Crest, insignia.
agaime
    Kill.
agth
    (The G is pronounced as ï) A unit of country in the empire, referring to an imperial star system that has populated planets.
agautre
    To pilot, control.
ai
    "That", to refer to something far away, an object or event that is not a person.

    A reply of acknowledgement. "D'a saucele? - Aï, saucele." "Are you crew? - Yes, I am crew."
aïbss
    Person who lives on the surface (of a planet).
*aic
    A colour between indigo and navy blue.
aich
    Autumn.
aideluodéc
    Outdoor communciations device.
*ailéc
    Referring to the other person when in a group of two.
aimh
    Thought-crystal web.
airhate
    Expression of gratitude.
ala
    Colour that ranges from blue to green.
*alac
    Colour that includes blue, green, and purple.
alaicec
    A large type of battleship that carries mines.
alairbaïe
    Naturally, rightfully, of course.
alm-
    Prefix to indicate a superior or leader.
*almec
    Head
almfac
    [m is silent] Circlet worn by Abh to indicate social status and also use their spacial senses.
aloce
    Utilise.
alochoth
    Operate (machinery, equipment) [↑+ hoth]
alsaima
    Blue-haired. Expression used to refer to the Abh.
anade
    Combination of ane and -ad-.
ane
        To indicate existence of something, or emphasise a statement. "Frymec feri ane." = "I have a daughter."  / "R'a éni ane." = "That is good."
*apézmec
    The strap used to hold an actaroebh in place over a dauch.
apymh
    Starship seatbelt.
-ar-
    Verb suffix to indicate passivity. "Fe ïarbarle." = "I was chosen."
*arauch
    → *aroch
arh
    Time before work starts, or morning. (As the Abh are a space-faring race, the former definition takes priority over the latter).
arnaigh
    Orbital tower.
arobe
    To play (a game, a musical instrument).
arobhoth
    The act of playing (a game or musical instrument). A musical recital. The name of a division in the Laburec which handles music in military and royal proceedings. "Sach arobhotr" = "military musician".
*aroch
    Imperial capital city, or palace.
aronn
    Title used in Abh names, indicating nobility that was present at the founding of the empire.
-as-
    Suffix indicating a causative. "Sacase" = "make (someone) write (something)".
asa
    Red.
*asa
    Open. "Bidautec" = a free (space) port (where trade with entities outside the empire is allowed) [ref. asére]
*asaicch
    Morning sun.
*asainec
    A colour, deep red. Also the name of a plant; The colour is named after the plant which was used to create dye in that colour in ancient times,
asairtamh
    The state of a clanh being active.
asaugec
    Young child, toddler.
asére
    Open, liberate. "Aséradé" = "Do not open".
*asith
    Dragonfly.
asogh
    That place, over there.
*asparhoth
    To gather, to get together。
*ataimh
    A thistle.
ath
    The written text of the Abh (Baronh).
aucec
    Respect, longing, aspiration.
aurh
    The next day, tomorrow.
*auton-ec/n
    A hot soup.
azz
    Enemy. "Zar byrec" = "enemy fleet".

星界の裏設定

http://web.archive.org/web/20070311114747/http://www2.odn.ne.jp/ihatov/SEIKAI/URASETTEI.html


星界の裏設定

この裏設定は星界シリーズの著者である森岡浩之さんがNifty ServeのSFフォーラムの特設会議室『星界の紋章み~は~倶楽部』において1996年6月23日に『手の内公開』と題して公開されたものとほぼ同内容のものを森岡浩之さんの許可を得て公開しています。

1・アーヴ語のつくりかた
 アーヴ語の語彙はごく一部を除いて、ヤマトコトバに起源を持ちます。そのご く一部というのは、ジントの名に代表されるように非アーヴ語起源の固有名詞で す。それ以外はどんなに奇妙に思えても、ヤマトコトバ起源です。

 ただ発音は現行日本語よりかなり複雑です。カタカナでは「r」「l」「rh」 の音が区別できませんし、エ段に相当する母音もみっつあります。したがって、 「レ」とあっても、じつは9種類の可能性があるわけですね。

 ヤマトコトバをアーヴ語に変化させるにはまず母音を統合しなければなりませ ん。しかし、これを説明しようと思うとすごく煩雑なうえに、通信では出るはず のない発音記号を使わないといけなくなるので省略します。

 つぎに、子音の発音部位を遷移させます。発音部位が遷移するとどうなるかと いうと、要するに音が変わってしまうのです。
 これはごくありふれた現象です。たとえば、現在われわれが「は」と発音して いる音を奈良時代の人は、「ぱ」と発音していたと考えられています。「ぱ」が 「ふぁ」になって、現在の「は」になるわけです。同様に「さ」もかつては「し ゃ」であり、さらに以前は「つぁ」または「ちゃ」だったと思われます。
 アーヴ語の場合、すべての子音についてこのような変化が起こったわけです。 ただし、現実に「すべての子音の発音部位が遷移する」という現象が起こった言 語をわたしは知りません。要するにちょっとズルをさせてもらったわけです(^^;)。

[j] [g] [h] [k] [s] [r]
[n]
[d] [z] [t] [l]












↑↓
















[w] [f]
[m]
[b] [p]



*念のためにいっておきますと、[j]は「じゃ」の音ではなく、ヤ行の子音です。
*いわゆる半母音というもの。

 上のような表によって子音は変化します。矢印のむいている方向に従って「強 く」なっていきます。
 子音が「強く」変化するか、「弱く」変化するか、あるいはもとの形をとどめ るかは母音との位置関係によります。
 大ざっぱにいうと、母音の直前の音は「強く」なり、直後の音はそのままです。 ただ例外もありますし、作者の気分が最終的にものをいうので、その点はご留意 を(^^;)。

 あと、一部の子音は「h」と融合して音が変わります。たとえば「bh」は 「ヴ」、「gh」は「ジュ」の音ですが、ここらへんも省略。

 では、「高天原」を変化させてみましょう(カ行の音を「c」で表記するのは 単なる趣味で、深い意味はありません)。

 Tacamagahara:母音がすべて同じなので面倒がないですね。どの母音を外すか 決めるだけです。
 Tacmgahar:こうしました。これを上記の表に従って、変換しましょう
 Lacmhacar:これに主格語尾の「h」を加えます。
 Lacmhacarh:「mh」は[f]の音なので、これで「ラクファカール」と発音するわ けです。

 さて、これだけ公開しても「わかるわけがない」と作者が絶対の自信を持って いる(^^;)語源をひとつだけ挙げておきましょう。
 帝国(Frybarec)の語源は「ミスマル」です。漢字で書くと「御統」。イラス トなどで「古墳時代の人」がよく首にかけているネックレスです。たくさんの勾 玉や珠をひとつにつなぎあわせたもの。星々をつらねる帝国の名称にふさわしい、 と作者は思っているのですが、いかがなもんでしょ(^^)。


2・貴族の名称など
 アーヴの先祖である人工生命体は29体。その直系の子孫がアーヴ根源二九氏 族です(最初から設定にあったんですけど、けっきょく書きませんでした)。
 根源二九氏族のうち、皇族アブリアルを除けば、二八氏族。28という数字か らなにかを連想しないでしょうか? そう、星宿の数とたまたま同じなんです (たまたまって・・・、そうなるように設定したんやないか>おれ(^^;)。
 そこで、二八氏族に属するアーヴたちはそれぞれ星宿の名を名乗ることにしま した。
 スポールは昴宿(すばる)です。あと、『星界の紋章』に出てくるものでは、 ソスィエ(スファグノーフ侯爵の姓)が胃宿(こきえ)、サリューシュ(巡察艦 ゴースロスの乗員)が参宿(からすき)です。

 スポール家の紋章、『金色烏(Gatharsec)』は、『ヤタガラス』が語源。
 もちろんヤタガラスは金色ではありません。母都市を滅ぼしたあと、アーヴた ちは間接的祖先の神話や伝承を交易によって収集するのですが、その過程でいろ んな混乱が起こった、という裏設定なんです(単に執筆時に作者が混乱していた だけだという説もある・・・)。